2019年01月31日

1月は行く

みなさん、こんにちは。「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」、使い古された言葉ですが、今年は本当に実感しましたね。例年より年末年始の休みが多かったせいか、気付いたら1月も、もう終わりです。


(1月は正月があり、2月は元々28日で普通の月より短く、3月は年度末なのでやる事が多いと言うことから、1、2、3月は、早く過ぎるという事を表しています。)


日々の業務に追われ、やらなければならない事をこなすのに精一杯で、やりたい事まで手が回らないって方も多いのではないでしょうか?私もこのままでは2月に逃げられ、3月にも去られそうです・・・。そして平成も終わってしまいます。


こうなったら、新元号の5月1日から心機一転、頑張るぞ!・・・って感じですかね。



                   yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:46 | めぐみだより

2019年01月30日

ポケモン

こんにちは。今回は、みなさん大好きな「ポケモン(ポケットモンスター)」のお話です。特に子どもたちは大好きですよね。色んな種類がいて、私みたいなオジサンは、黄色い「ピカチュウ」ぐらいしか分からないのですが、好きな子は、よーく知っています。まさにポケモン博士です。知り合いの子どもさんにも博士がいますよ。 (^v^)


私はUFOキャッチャーが好きで、よくゲームセンターに行くのですが、そこにもポケモンはいます。ゲームのプライズ(景品)なんですが、えっ、これもポケモンと思うぐらい種類が多いですね。可愛いので、時々ゲットしては、好きな人たちにあげています。 (#^.^#)


思えば私も、子どもの頃好きだったウルトラマンの怪獣は、今でも覚えています。バルタン星人、レッドキング、ゴモラ、ピグモン、ゼットン・・・、口から次々にスラスラと出てきました。うーん、昔は私も、ポケモン博士ならぬ怪獣博士だったんだなぁ。まさに、好きこそものの上手なれですかね。(少し意味が違うかも)でも、学校で習った英単語は、ほとんど忘れていますけどねぇ・・・。 (T_T)


P1290863.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:17 | めぐみだより

2019年01月29日

「終の棲家(ついのすみか)」

昨年の夏、引っ越しました。私の人生を振り返れば10回目です。

引っ越し先は夫の実家で、築130年以上の古民家を再生させたものです。30年以上も住む人はいなかったのですが、近くに畑や田んぼがあるので、この古い家を拠点にして週末などは野菜作りに来ていました。

長男がこの家をいつか再生させるからと言っていましたが、一昨年から長男の会社「住い幸房」が会社を挙げて手掛けてくれることになり、長男が大工の棟梁として、一年かけて古民家再生工事をしてくれました。

解体前はこんな感じでした。

解体前.JPG

骨組みだけにした後、補強や根継ぎ足固めなどを行ない、竹木舞工事、土壁塗り、い草による畳表張り、最後は土間の三和土作りを経て、一年がかりで出来上がりました。

根継ぎ.JPG


竹木舞.JPG


土壁塗り.JPG


い草畳張り.JPG

土壁や畳、三和土の作業はワークショップを開き、お昼のカレーも準備しました。子供連れの若い人達が沢山参加してくださいました。


「住い幸房」は、日本古来の木造建築の良さを後世に伝えるという使命を持っている会社です。参加した若者や子供たちの中から、こんな意志を継いでくれるような人が1人でもいてくれたら・・・、と期待しているようです。


職場からは少し遠くなりましたが、長男家族と同居して賑やかになり、自然に囲まれる中で四季を感じ、充実した毎日を送っています。

土間.JPG


薪ストーブ.JPG

少し身体が不自由になった夫も、自分の生まれた家に再び住めるようになり、「息子がいい仕事をしてくれた。」と喜んでいます。私にとっても終の棲家になりました。

再生後.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:36 | めぐみだより

2019年01月28日

二度目の天満宮

先日、所用で久留米に行った折に、市内にある北野天満宮へ寄って来ました。有名な神社なので、すぐに分かるかと思ったら意外と分かりにくく、また実際着いてみると、思っていたよりも小さくてびっくりでした。(決して小さい訳ではありませんが、天満宮ということで、頭の中に太宰府のイメージがあったのかなぁ・・・。)土曜日の昼間でしたが、1月も半ば過ぎで、参拝客もちらほらでした。

P1190842.JPG


P1190846.JPG

鳥居をくぐり、橋を渡り、楼門を通って拝殿まで進み、お賽銭を入れ、鈴を鳴らして、二礼二拍手一礼し、我が家の受験生(娘)の合格を願います。私の前にお願いしていた家族連れ、小学生とおぼしき女の子は、何を願ったのでしょうか?やっぱり勉強のことでしょうか。縄に体を預ける様に鈴を鳴らしていて、見ていて微笑ましかったです。 (^v^)

P1190855.JPG


P1190853.JPG

また、学問の神様らしく、書道展もあっていました。みんな上手ですね。そして、境内には何とすでに梅の花が咲いていました。今年は咲くのが早いのかなぁ。

P1190856.JPG


P1190860.JPG

今年は、元旦に太宰府天満宮に行ったので、これで二度目の天満宮になりました。


家に帰って、嫁さんに「○○の合格祈願をしてきたよ〜。」と言ったら、「余計なことせんどいて。」って言われました。 (T_T) 私は、何か縁起が悪いのでしょうか?西宮神社の「福男」が羨ましいです。(でも、福男になると、災難に見舞われるという説もあるようですね・・・。)


私は以前、久留米に10年程住んでいたのですが、その時は「北野天満宮」は行ったことがなく、今回が初めてです。近くていつでも行けると思っていると、案外行かないものですよね。今年は、身近でまだ行ったことのない所へ、色々行ってみたいと思っています。 (#^.^#)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:39 | めぐみだより

2019年01月25日

忘年会

GH安居では毎年、12月にクリスマス会を開催していましたが、3年前から「クリスマス」というのは、入居者様にあまり馴染みがないのでは・・・と検討し、「忘年会」としてご家族も一緒に楽しい時間を過ごして頂いています。アルコールはありませんが、飲み物やお菓子など準備し、まずはスタッフのカラオケから始まります。次々にご家族や入居者様にも歌って頂き、昨年は「ふるさと」をご夫婦で歌われるという、微笑ましい場面もありました。

1.JPG


2.JPG

それからなんといってもスタッフによる出し物が目玉です!役者ぞろいの安居ならでは!!

1年目は、オヨネーズの「麦畑」。ちゃんと畑仕事の衣装まで準備しました。

2年目は、「どじょうすくい」と「博多ぶらぶら」。もちろん鼻には五円玉。入居者様は大喜びです。さて、昨年は・・・。

3.JPG

マツケンサンバ(3婆!?)→3婆はマツケンを引き立てる3人の腰元たちです。すっかりなりきって気持ちよく踊って歌うマツケンと、腰はガクガク、息を切らしながらも常に笑顔の3婆たち。


アンコールを頂きましたが、今回は時間の都合と3婆の体力等を考慮し、期待に応えることが出来ませんでした。今年は、アンコール用に隠しネタを準備しなくては!と張り切っています。昔なつかしい「恋のバカンス」の完コピなんていかがでしょう・・・?

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより