2018年03月30日

夜空を舞う神秘の妖精 C

オーロラが生物に与える影響

太陽風が地球に向かって来ると、地球環境にも様々な影響が出る事がわかっている。例えば電波障害やコンピューターの誤作動、また、地球上には地球の磁場に頼って生活している動物たちがたくさん生息している。例えば、海に住む哺乳動物「クジラ」「イルカ」などである。彼らは、大脳に持つ磁気センサーを使って、周囲の地形や方向を把握していると云われている。そのため磁気嵐などによって地球の磁場が乱れると、彼らの行動にも影響を及ぼすことがある。たまにニュースになるクジラの集団座礁などは、この磁場の乱れに原因があると云われている。また、渡り鳥は向かう方向を決める際、地磁気に頼っていると考えられている。


太陽風による地磁気の乱れは、我々人間の生活だけでなく、動物たちにもいろいろと影響を与えているのである。最大の磁気嵐は、地球に磁場がなくなった時に起こり、現在の地球の温暖化や環境破壊が更に進まない限り可能性は低いと云われている。


さて、日程には十分余裕があるので、カナダの歴史にも少し触れて周辺地域やバンクーバー観光そしてワシントンDC周辺なども、これは余談だがアメリカの首都ワシントンDCはどの州にも属さない連邦政府の直轄地としての意味が込められておりDCの正式名は(District Columbia)ディストリクトュ・コロンビアと云い、ディストリクトュとは大陸という意味でCはアメリカ大陸発見者であるクリスト−バル・コロンブスに由来している。これはアメリカの特徴的な考え方であり、すべての事象、事物には理由があり、それには合理的、論理的でなければならないとしている。


話は尽きないが、来るその日に備え健康に気配りし、この旅行を素晴らしい思い出となるようにしたいと思っている。


下図は、ワシントンDCの地図及び風景

map_amerikaeast.jpg


140111ff1ec86-6690-41c1-8b79-0bcf76d7c131_m.jpg


_JwUCpSlxqs0s-0.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年03月29日

夜空を舞う神秘の妖精 B

3.オーロラが見える高さ

オーロラは、太陽風と地球の磁場のバランスによって見える範囲が変わり、姿や形も全く同じものはない。地上から観える高さは、100キロ以上の上空で、幻想的で、ゆらめくカーテン状の色彩が大空で大スクリーンとなって辺り一面、妖精の大パノラマが展開される。


4.なぜ色が変化するのか

大気中には酸素や窒素が含まれ、その量よって色が決まると科学的に証明されている。ちなみにオーロラは、緑や赤の時は大気中の酸素に衝突した時、紫、青、ピンクの時は窒素に衝突した時とされている。また大気中の酸素や窒素の量がどれだけあるかで、その時の色が決まる。


(参考までに蛍光灯の仕組み)

蛍光灯は、管のなかにフィラメントと言うものが両極に入っている。

フィラメントとは、(電子管の中で電流を流し、光や熱電子や放出する細かい金属線、材質はタングステンや、ニッケルが用いられる)

そして、管の中に微量の水銀ガスが入っており、管の内側には白い発光塗料が塗られておりフィラメントに電流が流れると放電し、紫外線が発生して白色が輝き、この原理がオーロラ現象といわれる。


5.見る事の出来る季節と環境条件

季節に関係なくオーロラは、太陽風が発生している限り発光現象は出現しているが、昼間は明るいため観ることはできない。

冬:11月中旬〜4月下旬  夏:8月中旬〜9月下旬

条件:天気は快晴 空が暗いこと


人間の想像を超える事象を「神秘」と呼ぶが、オーロラも科学の力によりその仕組みがだいぶ解き明かされてきたが、まだ解明されていない部分も多い。しかし全てを科学的に証明する事も大切だが、私は、夜空に舞うオーロラの神秘的な自然現象が刹那的なひと時であったとしても、まだ解明されていない事があるにせよ、それも魅力の部分だと思っている。


オーロラは遥か、いにしえの頃より宇宙の精霊の如く出現し、人々に夢とロマンを与えてくれる素敵な贈り物だと思う。もちろん、その源となるのは太陽光なのである。

しかし宇宙の素敵な贈り物にも反面、地球に及ぶす影響も少なくない。現在、地球は環境による汚染が進み地球の磁場が減少してきていることも事実なのだ。

                                    (つづく)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年03月28日

夜空を舞う神秘の妖精 A

オーロラの由来

オーロラは、ローマ神話に出てくる暁の女神アウロラ(aurora)から名付けられ、名付け親には諸説あり、かの有名なガリレオ・ガリレイとも言われている。アウロラは、知性の光、創造の光が到来する時のシンボルとして崇められている。


オーロラの呼び名さまざま

オーロラは、一般的には英語でThe Northern Lights 「ノーザンライツ」と呼びNorthernは北部のという意味で、北半球の鑑賞地であるカナダ アラスカ、北欧などでは北側の空に観られることが多い為このように呼ばれている。南極やニュージーランドで見られるオーロラは、The Southern Lights 「サザンライツ」と呼ぶ。日本語では正式な呼び名があり「極光」(きょっこう)と呼び、北半球のものは「北極光」、南半球のものは「南極光」と呼ばれている。 

                                  

1.オーロラ発生のメカニズムと発生の理由

太陽風とは太陽の表面の爆発によって放出されるプラズマ状の電気を帯びた小さな粒でできています、そしてこの太陽風の粒子は地球の磁場を横切る事が出来ないという性質を持っている。地球には磁場があり弾き飛ばされるのです。したがって日本の上空など地球の側面から入って来る事が出来ない。

これに対し地球の北極や南極地方に注目すると、このあたりの磁力線は地球に対して垂直になっているため、太陽風の粒子は地球に入って来る事が出来るのである。このようにして、地球に入って来た太陽風の粒子が、オーロラを発生させることになるのである。


2.オーロラがどのようにして光るのか

太陽から放出されたプラズマ(太陽風)は、地球が持っている磁気圏内に入り込んで大気と衝突し、大気中の窒素や酸素が刺激されて光る。この光がオーロラである。

簡単に言えば家庭の蛍光灯と同じ放電現象である。

   パネルは、科学技術館より抜粋

 2_1_02pict2.png

オーロラの仕組みと原理 パネル解説

太陽から発生した太陽風(粒子)は、地球の地磁気により弾かれるが、一部の太陽風が後ろから地球の裏側へ回り込み、北極や南極へ流れていく。そして太陽風が地球の大気と衝突して、その時発光し、オーロラが出現する

                                    (つづく)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年03月27日

夜空を舞う神秘の妖精 @

皆さんは、世界の絶景で一度は行ってみたい場所はどこですか?と問われたら何処を挙げるだろうか?私はカナダにあるイエローナイフを挙げたい。その場所はノースウエスト準州の州都、北極圏から400km南に位置しグレートスレープ湖畔の北にある。人口約19千人でオーロラが95%の確率で観ることが出来る地域で、世界各国より写真家や旅行者が訪れている有名な場所という事で知られている。最近テレビ番組で世界の絶景など放映されて、人気を博しており、オーロラについての番組は、中々組まれることは稀で、たまたまH2912月に放映されたのをビデオに収め何度も観ているうちに想いは強くなり、家族で旅行をしようということになり計画を進める事となった。


カナダは日本からではかなりの距離だが、姪が結婚してアメリカ、ニュージャージー州のフィラデルフィアという所に住んでおり、ワシントンDCの近くでもあり、そこは空港も近くにあり交通の便もよく、ツアーに申し込む事も考えたが、姪に旅行の相談をするとガイド役を引き受けてくれるという事になった。というのも姪は大学の時2年間カナダへ留学し、周辺地域や地図にも詳しいので安心できるし心強い、そんなわけで姪の家族と共に20日間の日程で計画しようと考えている。今すぐにという事ではなく、仕事を離れたら行けるようにとゆっくりと計画を立てている。


次に、ここからはオーロラについて説明していきたいと思う。


.オーロラとは? また発生するしくみと理由   

.オーロラがなぜ光るのか

.見える位置 高さ 

.なぜ色が変わるのか  

.環境条件


参考までに4点、ネットより抜粋したオーロラを紹介しておく。

オーロラの形としてはカーテン状のものやベルトがねじれたような形 水蒸気が発生したような形などが主流といわれている。

 20140820-3.jpg


32716002165_6fe25b3ca2_k.jpg


auroraEX.jpg


DJKUq0mVYAAJJoE.jpg

                           (つづく)
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年03月26日

もうすぐ桜の時期ですね。みなさんは、どこでお花見をされますか?

私は花見の時期は、福津市にある宮地嶽神社に妻とよく行っています。

しかし、私の場合は桜を見るよりも、出店で食べ歩きをしている方が楽しいですね。


ただ、昨年までとは違うことがあります。それは、今年の1月5日に長女が誕生しました。名前は「楓(かえで)」と言います。初めて出産に立ち会いましたが、命の誕生の素晴らしさを感じることが出来ました。妻には「ありがとう」の言葉でしか表現できませんでしたが、感謝の気持ちでいっぱいになったことを覚えています。


3人家族となった我が家ですが、毎日、妻と共に育児を試行錯誤しながら、日々を楽しく過ごしています。その中で、特に感じることは、子供の成長の速さに驚かされることです。


娘の声や動き、表情の変化のバリエーションが毎日増えており、「今日は、よくお母さんを見ているね」、「笑顔が多くなったね」などの会話をすることが多く、驚きと喜びを感じています。


今年は、家族3人で初めてのお花見です。

これから、たくさんの思い出を作っていけたらいいなと考えています。


yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより